任意後見制度

任意後見制度とは?

任意後見制度は,十分な判断能力がある間に,将来判断能力が衰えてしまった場合に備えて,あらかじめ自分が選んだ代理人(任意後見人)との間で公正証書による任意後見契約を結びます。

契約の内容には,財産管理,医療契約,介護サービスや施設入所に関する契約などがあり,自分の信頼できる人に自分の意思で依頼することができるというメリットがあります。

任意後見制度の利用をお考えの方は,当事務所までお気軽にご相談下さい。

携帯版ホームページ

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

正来真理子司法書士事務所モバイル
このページのトップ