相続・遺言・生前贈与

相続について

◇ 相 続 登 記

「家族が亡くなったので,家族名義の土地・建物の相続手続をしたい」
 

このような場合,相続登記手続を行います。

相続に必要な書類の収集・作成は,すべて当事務所で行うことができます。

ご自身で書類を集めるのが難しい方でも,安心して当事務所にご依頼ください。



◇ 相 続 放 棄

「家族が亡くなった後,財産より借金の方が多いことが分かったので相続をしたくない」


このような場合,相続放棄の手続きをする必要があります。

原則,亡くなられたのを知ってから3か月以内に手続きを行う必要がありますので,早めにご相談されることをお勧めします。
また,3か月を経過していても,相続放棄が認められるケースがありますので,ご心配の方は一度ご連絡ください。

遺言について

近年,遺言書を作成したいという方が増えています。

「遺言」というと,以前までは少し敬遠される方もいらっしゃいましたが,最近では,遺言書があったおかげで,ご本人の意思が明確になり,後々の相続争いを予防することができた,という事例が多くなっています。

 

遺言書には,「財産(不動産など)をどのように分けるか」という事だけでなく,葬儀の方法,残されたペットの世話の事やご家族に対するメッセージなども記載することができるので,ご本人の希望を明確に伝える事ができます。

 

「遺言書を書きたいけれど,どのように書いたらよいか分からない」

「遺言の種類について知りたい」

 

このような方は,当事務所までご連絡下さい。

事情をお聞きした上で,それぞれの方に合った遺言書の方式をご提案します。

生前贈与について

生前贈与は,相続開始前に,自らの財産を自らの意思で特定の人に贈与することができるため,本人の意向を確実に反映することができます。

このため,相続開始後の相続争いを防止する効果が期待できます。

また,相続税対策としても大変有効な手段の一つです。


当事務所では,土地・建物について生前贈与する際に必要となる一連の手続をサポート致します。

生前贈与についてお考えの方は,当事務所までお気軽にご相談下さい。

相続・遺言・生前贈与

携帯版ホームページ

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

正来真理子司法書士事務所モバイル
このページのトップ